【速報】治療 情報局 | 最新情報 口コミ情報

治療 情報局では、「治療」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 遺伝子 」 一覧

no image

目の遺伝性難病でゲノム編集治験 米産学連携チーム

… 目の遺伝性の難病を治療する臨床試験(治験)を開始した。より効率よく遺伝子を修復できるゲノム編集技術と従来の遺伝子治療技術と効果を比べる計画だ。

no image

ノバルティスの難病治療薬が承認取得

ゾルゲンスマは体内に遺伝子を入れて病気を治す「遺伝子治療薬」。2歳未満の脊髄性筋萎縮症(SMA)患者が投与対象になる。既存薬では複数回の脊髄注射が …

no image

患者それぞれに最適治療をするがんゲノム医療始動

日本人の死因第1位の病気、がん。この病気を対象とした画期的な医療として期待されるのが、患者それぞれのがんの遺伝子の変化を調べて最適な治療薬を …

no image

ウイルスは人類の脅威である一方医療の発展にも役立っている【遺伝子治療薬はここまで来ている】

脊髄性筋萎縮症(SMA)に対する新しい遺伝子治療薬「ゾルゲンスマ」は、治療の主役となる遺伝子(SMN1遺伝子をコードしたDNA)を目標とした細胞に送るため …

no image

自閉症と遺伝子突然変異の関係突き止める 阪大研究チーム 治療薬開発に期待

  2020/02/26    未分類 , , , , , , , ,

この遺伝子は脳の正常な発達に必要で、突然変異が生じると神経細胞の成長が妨げられると確認できたという。治療薬の開発につながる成果として期待される。

no image

“世界一高い薬”承認 治療1回で2億円超

世界一高い薬とされる脊髄性筋萎縮症の遺伝子治療薬「ゾルゲンスマ」が、国の部会で了承された。 特定の遺伝子が変異することで神経細胞が死滅して、筋肉の …

no image

ハンチントン病治療 低分子化合物を開発

大阪大学 中森雅之特任講師らの研究グループは、神経細胞の遺伝子の異常で起きるハンチントン病の治療につながる低分子化合物を開発した。生体が備える …

no image

がんゲノム医療 対象拡大…厚労省先進医療部会 治療初期に適用へ

がん細胞の遺伝子を一括して調べ、適した薬を探すパネル検査について、標準治療で効果がなかった患者らに限られている対象を拡大し、治療の初期から行う …

no image

難病「ハンチントン病」の治療につながる物質を発見 大阪大学の研究チーム

  2020/02/15    未分類 , , , , ,

遺伝子の異常がある部分から作られる物質が原因で症状が発生すると考えられていて、これまではその物質を破壊する治療法が研究されてきましたが、根本的な …

no image

大阪大など 低分子で遺伝子治療、ハンチントン病に有望

大阪大学の中森雅之特任講師らの研究グループは、神経細胞の遺伝子の異常で起きるハンチントン病の治療につながる低分子化合物を開発した。生体が備える …